« A Day in London #6:St James's Park. | トップページ | 大沈殿。 »

2009年5月16日 (土)

A Day in London #7:Unique Sign.

その国の常識、外国の非常識、とまでは言いませんが、各国いろんな文化がありますね。その1つの典型が、標識かと私は思います。

今回はイギリスの面白い標識をご紹介します。まずはこれ。

何だかわかりますか?

これは「左を見なさい。なぜなら車が左から来るから」

という看板です。同様にこの横断歩道の足元には「←LOOK LEFT」とペイントしてあります。

これ、意外と便利なんです。国によってどちらから車が来るか、わからないときあるじゃないですか?これは理にかなっていると思いました。

もうひとつは、ベタですがこちら。

ロンドン地下鉄のホームに、列車が止まるところにペイントしてあります。

日本語らしく言うと、

「電車とホームの間が広くあいているところがありますので、足元にお気をつけください。」

ですね。

ただ、この言葉は別の意味にも捉えられますよね。なので、この文字のTシャツが結構出回っていました。

街中のサインは格好よく、かつ合理的なものでした。ロンドンはそういうところは出来上がった街ですね。

|

« A Day in London #6:St James's Park. | トップページ | 大沈殿。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93385/45173037

この記事へのトラックバック一覧です: A Day in London #7:Unique Sign.:

« A Day in London #6:St James's Park. | トップページ | 大沈殿。 »